日本人のカラダに合うトリキュラー

トリキュラーで安全に避妊対策をしましょう。トリキュラーは日本人にあった低用量ピルとなっていますので、ピルを初めて使う人や服用習慣がない人でも比較的使いやすいです。トリキュラーについて説明していくので参考にしてみてください。

トリキュラーはなぜ日本人のカラダに合うのか

近年ではホルモン含有量の少ない低用量ピルが普及し、昔と比べて身体への負担も少なく、より効果的な避妊を行うことが可能になってきました。中でも利用者が多い低用量ピルが、トリキュラーという種類のものです。トリキュラーは28と21という2種類が存在しますが、成分や製造法などに違いは無く、単に1ヶ月の生理周期に合わせやすくするための偽薬を付けているかいないかという違いになります。シートに一つずつ封入された錠剤を1日1錠ずつ服用するのですが、効果を適切に得るためには毎日同じ時間に欠かさず服用する必要があります。もし1日でも飲み忘れたり時間が遅れたりしてしまうと、避妊効果を得られないこともあるので注意が必要です。この場合はそれ以降の服用を中止し、生理が来てから再度新しいシートを利用して服用を開始するのが望ましいとされています。服用を中止している間は当然妊娠する可能性があるので、他の避妊方法を徹底するようにしましょう。

トリキュラーが数多くの婦人科などで処方されているのは、日本人の身体に合いやすいという特徴があるためです。低用量ピルは成分の含有量がそれほど多くなく、ひいては様々な副作用が起きる可能性も低くなります。避妊という目的のためには低い成分含有量でも十分に効果を発揮するため、吐き気や頭痛などの副作用が起こるほどの量を配合しなくてもよくなります。このことで、日本人のみならず世界中誰にでも利用しやすいピルとして普及することになりました。特にトリキュラーは、日本国内で製造された純粋な日本製商品も販売されています。日本製という事で安心感も得られますし、日本人の身体に合いやすいよう調整されているため、さらに利用しやすくなっています。